業務担当制だからできること

一般的な社会保険労務士事務所の多くは顧問先様ごとに専任の担当者がおり、その担当者がそれぞれの顧客様の全ての事案を対応する「顧客別担当制」をっています。
そんな中、私たち社会保険労務士法人 礎は「業務担当制」をとっています。
一見すれは一人の担当者が全て対応するのは顧問先様にとってとても便利なことのように感じるかもしれません。
でもそれがとてもリスクの高いことだということはご存知でしたでしょうか。
私たちが「業務担当制」をとる理由。
それは顧問先様のリスクを最大限回避し、利便性を高めることにあります。

顧客別担当制だと

 
TOP

業務担当制

 
TOP

社会保険労務士法人 礎に安心して任せられる理由

  • 特定社会保険労務士 小町 正人
  • 出身地:東京都
  • 趣味: 旅行(北海道が好きで、道東を中心に旅行していました。)
    音楽(モダンジャズが好きで、学生時代はドラムを演奏したこともあります。)
    犬(フラットコーテッドレトリバーのティナと毎日散歩に行く日々を送っています。)
  • 略歴: 1965年12月 東京都生まれ
    2003年01月 東村山市栄町に小町社会保険労務士事務所 開設
    2005年02月 東村山市本町に事務所を移転
    2007年07月 (株)オフィス・プランテッド設立
    2009年05月 東村山市本町に事務所を移転
    2009年06月 特定社会保険労務士登録
    2014年04月 武蔵野市吉祥寺本町に事務所を移転
    2015年03月 中央大学法学部通信教育課程 卒業
    2016年01月 法人化し、商号を社会保険労務士法人 礎に変更
    2017年09月 東京都小平市学園西町(現在の場所)に事務所を移転
私がもっとも得意とすることは皆様の話を聞くことといえます。
自分言うのもなんですが天性の聞き上手。会社としての考え方、思いを丁寧にお聞きしています。
大切なことは相手の立場にお話を伺うことだと思います。そうすることで問題点が浮き彫りになります。
正直に言えば最後に決断するのは御社です。
でもその決断のために、本当の悩みを見出し解決策を出しリスクを最小限に抑えるための判断材料を
ご提供いたします。
会社の柱の部分になる考え方は尊重いたします。その中でその会社に合った答えを一緒に見つけていきましょう。  
 
TOP
TOP
TOP

PAGE TOP